イミフwwwうはwwwwおkwwww

2ちゃんねるの面白いスレ、役に立つスレの紹介など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イミフは自重しる!

さて、今日は、イミフと著作権などについての問題。
最後までじっくり読め!

そして、これを友達に広めて、違法ブログを潰そう!
スクラップ&スクラップ
まず、2ちゃんねるの利用規約に目を通してみましょう。

投稿確認
・投稿者は、投稿に関して発生する責任が全て投稿者に帰すことを承諾します。
・投稿者は、話題と無関係な広告の投稿に関して、相応の費用を支払うことを承諾します
・投稿者は、投稿された内容及びこれに含まれる知的財産権、(著作権法第21条ないし第28条に規定される権利も含む)その他の権利につき(第三者に対して再許諾する権利を含みます。)、掲示板運営者に対し、無償で譲渡することを承諾します。ただし、投稿が別に定める削除ガイドラインに該当する場合、投稿に関する知的財産権その他の権利、義務は一定期間投稿者に留保されます。
・掲示板運営者は、投稿者に対して日本国内外において無償で非独占的に複製、公衆送信、頒布及び翻訳する権利を投稿者に許諾します。また、投稿者は掲示板運営者が指定する第三者に対して、一切の権利(第三者に対して再許諾する権利を含みます)を許諾しないことを承諾します。
・投稿者は、掲示板運営者あるいはその指定する者に対して、著作者人格権を一切行使しないことを承諾します。


わかるのは、書き込みの権利はひろゆきに行って、
ひろゆきがその権利を投稿者に許諾するということですね。
だから、ひろゆきは書き込みのログを使ってもいいし、
ひろゆきが認めた人も使っていいと。
まぁ、当然著作権もひろゆきにあるわけだなぁ。

それじゃあ、その記事やら、安価でお絵かきスレ、
擬人化スレの画像を勝手に使っていいのか?
答えはNoですよ。
じゃあ、ひろゆきに訴えてもらおう!

と、それはまずないよね。断じてありえん。

だから、この際、「著作権」は置いといて、
問題は「著作者人格権」ですね。
これは他人に譲渡できませんから、投稿者にあるわけです。
そして、ひろゆきや、ひろゆきが定めたものに対しては
行使できないようです。

さて、イミフでは、レス内容をカットしたり
大きくしたり、色を変えたりしてますね。

スレを一つの共同著作物と考えると、
これは複製権の侵害、そしてカットしているのは
同一性保持権の侵害ともいえるでしょう。

特にイミフはVIP系ブログの中でもかなりのアクセス数を
誇っていますので、そこらへんのVIPブログと
同じ感覚でやっているのはいけないと思います。
どうしてもVIPのネタを使いたいのなら、
そのネタが「従」、自分の意見が「主」となるくらい
長々と文章を書くとか。

結論:イミフはカスブログ

スポンサーサイト
  1. 2007/04/03(火) 01:28:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<VIPの801凸見てると吐き気がする | ホーム | 週刊イミワカルwwwうはwwおkwww発売!!>>

コメント

はじめまして(かな?)

私のブログで
ここの記事を紹介させていただきました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/zero_kenzen/archives/53504444.html
です。

よろしくお願いいたします。
  1. URL |
  2. 2007/04/03(火) 02:51:14 |
  3. ズィロ #-
  4. [ 編集]

うおう。嬉しいなぁ。
面白そうな記事がいっぱいありますね。
読んでおこう・・・。
  1. URL |
  2. 2007/04/03(火) 02:57:39 |
  3. エノギス #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lmihu.blog95.fc2.com/tb.php/47-00eea351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

エノギス

Author:エノギス
みなさん、こんにちは。
エノギスと申します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。